早漏の原因

| | コメント(0) | トラックバック(0)

早漏を治療したり防止したりするには、まず自分の早漏の原因を知ることが先決です。
早漏の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

早漏の原因には、いろいろな要因があります。
精神的なものが早漏の原因になっている場合もあれば、全身の疾患が早漏の原因になって
いる場合もあります。また、加齢が早漏の原因になることもあります。

精神的なものが早漏の原因の場合は、どんなことが考えられるのでしょうか。
早漏の原因として、ストレスなどの精神的なものが考えられます。
たとえば、昔一度でも早く終わってしまったことがあったとします。つぎに性行為を行うときに
「また早く終わってしまったらどうしよう」「自分は早漏だ」などと思ってしまうことが、
早漏の原因になるのです。また、それがひどくなるとEDになってしまうことも十分に考え
られます。

亀頭がとても刺激に敏感すぎる、というのも早漏の原因のひとつです。
例えば、包茎の人などがそれに当たります。包茎の人の亀頭は普段は隠れています。
そのため、刺激を受けると刺激が強すぎて、すぐに射精してしまうのです。
この早漏の原因の場合には、包茎の治療をすることが早漏の治療になることがあります。

その他の早漏の原因として、身体の疾患からくるものがあります。
例えば糖尿病や前立腺に関する疾患など、泌尿器系の疾患が早漏の原因になることが
あります。
その他に、アルコール中毒症なども早漏の原因のひとつとして大きなものです。
このような身体の疾患が早漏の原因である場合には、その疾患を治療することが、早漏を
治すことにつながります。

年をとったことが早漏の原因となることも多々有ります。加齢により、射精のタイミングを
自分でコントロールする筋力が衰えて、それが早漏の原因になるのです。

その他、EDが早漏の原因になるということも十分に考えられます。
EDは勃起障害であり、本来早漏とあまり関係ないように思えます。
実は、EDの人は性行為のときにどうしても「やっと勃起したのだから早く射精しなくては
また萎えてしまうかもしれない」と焦りがちなのです。そのため、あまりにもそう思いつめて
しまうことにより、早漏になってしまうということがあるのです。
もしもEDが早漏の原因となってしまっている場合であれば、まずはEDの治療をすることが
先決だといえます。多くの場合は、EDの治療薬を服用することでED、そして早漏のどちらも
治療できてしまうことが多いようです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 早漏の原因

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.itosui.com/mtos415/mt-tb.cgi/1719

コメントする



このブログ記事について

このページは、 itosuiが2007年12月 2日 00:00 に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EDとは」です。

次のブログ記事は「早漏のトレーニング」です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。